なごやかライフの紹介
       松城成道の思い  2013,5,20
 
 
 
 
       「あなたは一人ではない、一人で悩まないで」!私たちが応援します!

       「人生は捨てたものではない、道は開ける、方法は必ずある、決して諦めないで」!

       「とにかく電話をする小さな勇気を発揮して!希望を託して!自分も大切に他者も大切に」!

       「泥臭くてもいい、格好悪くてもいい、あなたはあなたで価値がある、何としても生き抜いて」!

       「○○だから・頭では分かるが等に逃げないで!能力がないのではなく方法が分からないだけ」!

       ☆辛い出来事や経験があなたのバックボーンとなり、人間的成長と幸せに必ず役立ちます!

       ◎あなたをあるがままに受容・共感・理解して、癒しと治癒と解決を贈ります。安心して!

       ◎「薬を用いない心理療法」で関係力・適応力・自信を高め、早期治癒をもたらします!

       この療法は、最新の精神神経免疫学に基づく「心身は一つ」との理論から生まれたもので、

       認知行動療法・意識セラピー・催眠療法を融合した最も効果の高い安心・安全な療法です。

       2万余のカウンセリング経験からのノウハウで、不安や悩みや症状に具体的に対応します。

       19年の信頼と実績を基に、癒しと自信と希望を、健康と幸せと人間的成長を、提供します。

       私達は言葉に責任をもちます。これがスタッフ全員の姿勢です。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      松城成道の背景とバックボーン

        昭和14年次男として大阪に生まれ、6歳の時父は亡くなり、7歳に沖縄へ来ました。
        母は極貧の中5人の子供を育ててくれました。正月にはお年玉をもらうと母が困るので
        外へは出ませんでした。中学には早くも母を楽にしてあげたいとの思いになっていて、
        高校受験の願書を出しませんでした。それを母にとがめられこっぴどく叱られました。
          叱られているのに嬉しかったのを覚えています。虚弱体質で肋膜炎やマラリヤ等年中
        病気でした。二十まで生きられるかと危惧される程弱い子でした。ですから早くから「生きる」
        を考えていました。30歳で結婚し4人の子を授かりました。当時は未熟で良い夫でも父親
        でもなく、本当に済まなかったと謝りました。会社を経営しながら、座禅や断食やマラソン
        づけの20年でした。49歳の死の大病では霊魂離脱もあり人生観がガラリと変わりました。
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       「あなたはどうしてカウンセラーになったのですか」と訊かれることがままあります。
        平成6年55歳でビジネス界を離れて、初めてカウンセリングと出会った遅咲きの人間です。
        ロジャーズの「人間はだれでも、成長や適応や健康へと向かう根源的な力をもっている」
        という人間観に深く感銘を受けて夢中に学びました。東に人有りと聞けばその人を訪ね、
        西に人有りと聞けばその人に習い、多くの著名な先生を求めて修練を積みました。
        本気で突っ込んで学んだお陰で2年余で講師になりました。今や私のライフワークとなりました。
        良いカウンセラーになるには、理論や知識を学ぶのは大切ですが、より大事なのは優れた
        師匠によく学び、多くのクライアントと関わり成果をあげることです。成長は最大の喜び
        であり一生の課題ですから、73歳になった今もこの姿勢を続けています。この経験から、
       「人生は意識と選択と習慣によって決まる」を発見し、心ぐせの変え方や感情と欲求の
       コントロール法を習得しました。弱く貧しく辛い時代があったからこそ心身を鍛え柔軟性
       を養い、自分が自分の拠り所となりました。ピンチはチャンス、有難いことでした。