カウンセリング メニュー
メンタルヘルスセラピー





?なぜ個人カウンセリングよりトータルパースン・グッティングプログラム
 (TPGP)が効果が高いのでしょうか?

 ?個人カウンセリングでは作れない友達や仲間が作れる。仲間になれることで仲間意識が芽生え連帯感が
 もてた喜びに満たされる。この連帯感こそが現代人に不足している最大の収穫の一つとなる。
分かってもらえる喜びがもてる。

 ?話すことや人前が緊張する人にとっては輪の中に入れること自体が重要なポイントとなる。
そこでリラックスを保てることは実社会でも大きな自信となる。
「七まま法」で上手・下手に関係なくあるがままにしゃべれるようになる

 ?悩んでいる人と出合えることだけでも悩みが軽減されるし、自分だけが特殊でないことを知ったり、
自分より重たい悩みに出合うとき、むしろ自分は恵まれているんだと思え、安堵感と安心感が生まれ
いつの間にか楽になっていく。

?AC(アダルトチャイルド)やいじめや虐待等のために他者から受け入れられた経験の少ない人にとって、
仲間からの受容と共感が得られることは、何にも代えられない自己肯定感を得ることになる。
自分が好きになっていける。

?人間関係が円滑でないとか事態が悪化している人にとっては、通常のカウンセリングでは起きない他者の
言動をわが身への置き換えにするようになり、良いことまずいこと等多くのことを気付かされる。
自己の言動の反省にもなる。

?自己変革のための自己検証ワークと方法が多数用意されているので仲間とたっぷりの時間をかけて深め
ていける。

?TPGPで4日間自己と向き合うことは、週一回の個人カウンセリングの1年間分に相当する積み上げを
したことになる。しかも仲間と間断なく温め続けることは、グループダイナミクスもはたらき相乗効果と
なって功を奏する。

?TPGPをやり通したことで達成感がもてるようになる。これは貴重な成功体験となり自信につながる。

TPGP トータルパースン・グッティングプログラム

人間関係・コンプレックス(内気・緊張・不安恐怖)及び
AC(アダルトチャイルド)等を回復する集団集中カウンセリング
 ※6日間コース=第2土日・第3土日・第4土日の6日間 (午前9時?午後5時)
               予約制 12名

最も早く効果の高いグッティングメソッドによる本格的トータルパースン・グループカウンセリング。

特に複雑な場合を除き、70%以上が1回でクリア。
深層意識とグループダイナミクスに働きかける事態
好転プログラムは、解決困難に見える悩みを内面から解きほぐす。 過去は現在の原因?現在は過去の
 結果未来の原因?未来は現在の結果?今現在の意識と選択のあり方が人生の決め手。

AC傾向を克服するのは幼少期のトラウマや過去のグリーフを癒すことにも及ぶので子育てや自分を知り
相手を知るのに役立つ。

ACは「関係がうまくたもてない恐い、好かれようと期待に応える、嫌われまいと人の目を気にする、苦しく
ても耐えるノーと言えない、頼めない、争わない、感情や本音が出せない、緊張する、相手を優先する、
弱い人を守ろうとする、過去を引きずる、防衛的になる、親などを責めたくなる、ゆるせない、すぐカッとなる、
攻撃的になる、目立ちたい」等、何故かしら苦しい生き方をしていることの理解ための概念です。

AC傾向は心くせに影響するが、病気でも人間的欠陥でもありません。 AC傾向をクリアーすることは自
分の心くせや行動様式を変え、内気・小心・コンプレックス・緊張を克服し人生台本AC傾向を明るくす
る鍵となります。それには仲間と共に安全に自ら心置きなく癒すTPGPが有効です。

カウンセリングを学ぶ人は自分の問題をクリアーしないと人を援助することは困難。 自分が苦しんだ経験
を、TPGPで克服し他の人の役に立ちたいと願う人も多数ある。 そういう人も共に参加するので安心。
TPGPが、あなたの自信をつける人生の宝となります。TPGCでは、現在の心理界で注目される意識セラ
ピーの意識理論や実践的方法を用いるので、どんな勉強よりも行動即目的・目的即行動に適う。
短期間でも実践的応用力がつきそのまま血となり肉となる。