相談者の感想


(2) 

 40代 女性T 恩納村
私は、小学校の頃から本音を出せなくなり人の顔色をうかがっていた。嫌な顔せずにいつも笑顔を絶やさないピエロを演じていた。
実際はそうではなくて、本音を出して他人から嫌われたりトラブルになるのを恐れているだけだった。
そういう中でも 夫と出会い、子供を授かるが人前でいい人を演じて、家では怒りっぽい妻、母親だった。
家族や親しい人には、気持ちをぶつけてしまっていた。そういう二面性をもった自分が嫌いだった。
AC(アダルトチルドレン)という言葉を知って、そうなったのは、厳しい母親のせいだと責任転嫁し、悩んでいた。
そんな時、なごやかでアダルトチルドの勉強会に参加した。個人カウンセリングやグループカウンセリングをとおして 自分の生い立ちや今までの悩みを人前で話すのはつらいと思ったけど、話すこと、涙をながすことで心がスーッと楽になっていく自分に気づいた。
自分が今まで頑張ってきたこと厳しいと思っていた母からいっぱい愛情をもらっていたが、その方法が間違っていただけだった。
母も母なりに頑張っていたんだと理解でき、自然にゆるすことができ、そうしたら母との関係が楽になった。
一つ一つ過去の出来事や思い悩んだ日々が 私が一生懸命に生きてきた証だと思えた。
いつもビクビクしていた私はもういない。私は今自分の人生を堂々と生きている。(自分を大切に相手も大切に) 人生を前向きに楽しんで生きている大切な夫や子供たちに囲まれて。

40代女性
良い嫁、良い妻、良い母親であらねばと気負い、夫、舅、姑の評価も気にし、頑張らなければと自分で自分を追い立てていました。
今の自分ではダメ意識が自信も低下、子どもの大反抗期で、母親としての自信も喪失し、藁をもすがる思いで「なごやか」に駆け込みました。
他を優先する我慢癖にも気づき、「自分を大切に人を大切に」を実践。今は、自信を持ち、毎日が楽しく過ごせるようになり、子ども達ものびのびと、自分の目標に向かって進んでいます。
自分の意識が変われば人が変わるという意味を実感し、多くの人に広めたく、今はカウンセリングの勉強をしています。

20代女性 Mさん
4月に終えた、TPGPをきっかけに、私の人生は一気にマイナスからプラスに変化しました。
私はいかに今まで、自分自身への自己批判、責める気持ち、マイナスに考える選択を、その時々で、無意識に選択し、習慣にしていて、それが悪い心の癖になっていたかを思い知らされました。
それを自分自身で、仲間と共に学んだワークを通して、気付く事により、目からうろこ!!私はただ、自分が主体者になる事を分からずに必死にジタバタ生きようとしていただけ!プラスの幸せな考えの方に意識し、毎日を良い加減で心が疲れないように、選択し、習慣化していく。それだけで、今は自分で自分の事を癒せるまでに変化しました。
結局は、自分自身の考え方捉え方次第で、世界は変わると言う事なんだ。と分かりました。
世界がまさに変わりました。自分を心から大切にすることが、現在でも出来ています!こんな事、今までの私には考えられなかった事です。
お陰さまで、夫婦円満、happyな育児、毎日進行中です!

30代女性 Yさん
私より大苦労人は沢山いる。比べて私の悩みは小さい故誰かに話す必要は無い。自分を大切にするのは変。人の役に立たないと無価値だから、まずその為に行動すべきだ。これが当たり前の良い人生だ。
こう思っていた私は、自分を知らないまま大人になり、家族関係や子育てが苦しくなってここを尋ねました。
なごやかでは十人十色の悩みを聞き、自分も話します。初めは勇気が要りましたが、乗り越えた体験談を参考に前に進めたり、悩みが解決できた時は仲間と分かち合ううちに
「自分を大切にする」→>「まわりも幸せになる」事がわかってきました
今は自分の欠点も含めて生きる事が楽しいです。