相談者の感想


5.カウンセリング


  タウンページの住所をもとに一発で看板のところまで着いた僕は半ば恐る恐る(坂道の途中にあるそれは,
病院にも見えないし、少し異様に見えたから)2階へと外の階段を上がっていったのでした。
部屋に入って明るく落ち着いた雰囲気に余計な心配だったと分かり安心しました。
約束の時間ちょうどでしたが、中からは中年の夫婦が出てきました。
僕は勘違いして挨拶をしてしまいましたが先生はその中のようでした。
部屋に通され,座った椅子の位置からは、広い眺望が開け、首里の丘とその上にそびえる首里城の城壁が望めましたが、
その日の灰色のどんよりとした空はかぜで雲の流れが速く,僕のうつうつとした心情を写しているかのようでした。
挨拶の後,まず先生は,ここが安全な場所であること,秘密が守られること、世間体や社会的常識
を持ち込まなくていいこと、過去および現在の状態がどのようであっても恥じることがないこと、
自分が話したくないことは話さなくていいこと、自分で自分を守ってくださいと言われました。
時間や料金の説明も受けました。僕は安心して気持ちを吐き出しました。
怒りの感情があること、誰とも心がつながれていないこと、薬でも何でもいいから早く良くなりたいこと。
先生は理解的に聴いてくれました。
聴いてくれている、分かったもらえたという満たされている思いがありました。
自分の問題は、薬では治らない問題であることをはっきり分かりました。
そして今後の進め方について話し合いました。
宗教でもない押し付けでもない,心理学的なやり方で行うカウンセリングに信頼がもてました。
その中で朝9時から夜9時まで4日間かけて行われるグループカウンセリング(TGCというらしい)のことを知りました。
個人カウンセリングを1年間通うのと同じ時間数と効果があり、早く良くなりたいのであれば、これも選択のひとつだと分かりました。
その日はそこでの料金(1時間5,000円)を支払い、翌週の個人カウンセリングを予約して「なごやかライフ」を後にしたのでした。
そのあと、少しですが、気持ちが楽になっていました。
自分の状態を分かっている人に話を聞いてもらえたからです。
改善への一歩を踏み出している実感を持ちました。
2度目の個人カウンセリングを経て、安心してTGCに参加することを決意しました。
    
     
     

6、TGC(トータルパーソン・グループカウンセリング)

    
TGCは、土日を2週にわたり4日間、男女9人(20才代?40才代)が参加して、
「なごやかライフ」の2Fの20坪くらいありそうな部屋で行われました。
僕からみるとみんな元気そうで、なんの悩みがあるのかなー思える様子でした。
じつは、後で分かったことですが、皆さんも僕と同じ感想だったらしく、自分だけが悩みをかかえて
 いるのかと正直不安だったらしいです。
「人は見かけでは分からないものですね」と語り合ったものでした。
ここにも思い込みをする癖が働いていたのです。
妙なものですが、自分だけが特別ではないんだと分かってホットとしたのも正直ありました。
これもまた後で分かったことですが、みんなも同じだったと聞いて、なるほど、こういうことがTGCでは起きるんだと分かり、
納得してしまいました。