カウンセラーのブログ

2008年6月3日(火曜日)

良いつながりで幸せになろう

カテゴリー: - jyodo @ 19時09分39秒

良いつながりで幸せになろう!

 

 現代社会はこれ程文明が進んだ社会でありながら、不確定な要素が多い不安混沌な時代

なっています。カウンセリングの現場で見える根本原因は、つながりが希薄損壊してい

ということになります。ストレス・不登校・引きこもり・病気・苦悩・不安・虐待・依存・

犯罪・自殺、そして色々な負の感情が起きる根底には、良い距離感のつながりがもててな

いことが大きく関係します。

 

人間にとって最大の幸福はつながることです。つながりは、愛の原型であり、喜びの源泉

であり、心のささえであり、安定の基であり心のエネルギー源です。誰でも良いつながり

もてれば問題行動を起こさない良い社会人となり健康に幸福になれます。

 

 苦悩を抱える人は、つながりがうまくもてず阻害感を感じています。反対にいじめや非行

や犯罪などの問題行動を引き起こす人達も、実際は良いつながりを持ちたいのに、もてない

で苦しんでいるのです。少子化問題は経済問題もありますが、若者が友達や恋愛や結婚への

自信がないという関係問題があります。

 

 良い社会にするにはこうした方々を含めどうすれば良いつながりがもてる社会になるかと、

皆がわがこととして受け止め理解することだと思います。

 

 人間はまず自分とつながらなければ良いつながりはもてません。そのためには幼少期の親

とのつながりが最も大切です。親とのつながりが順調であれば、自己肯定感がもて、正しい

自我が育ちあるがままの自分を良しとして自分を好きになっていけます。劣等感も要らな

なります。

 

 「自分も大切に人も大切に」となっていきます。次に大切なのは同年代とのつながりです。

世の大人たちは、子どもは自然に同年代とのつながりがもてるものと考えているかも知れま

せんがそうではありません。経験豊かな大人たちの温かい庇護のもとで、繋がりを教えても

らうことで育っていくのです。ですから頭をでっかくする教育よりも、良い遊びを通して、

同年代とのつながりがもてる教育にして欲しいものです。

 

 そのためには親や保育士や先生の役割はとても重要です。残念ながら指導的立場にある人

たちでさえ、自分とのつながりをもててない場合や、コミュニケーション術を積んでいない

場合がありますので、このフォローも必要となります。

 

 そのためには過去を癒し過去を乗り越え自分を好きになり、自分に自信がもてて

「自分も大切に人も大切に」となる個人カウンセリングやグループカウンセリングで

アサーティブやカウンセリングマインドを学ぶことです。

 

 良い社会をつくるには優しい社会をつくるのが早道です。経済中心の考え方から脱皮する

のです。家庭も学校も教育委員会も文部科学省も、そして企業も社会もこういう認識を強く

もって欲しいものです。いきなり全員がこうなることは望めませんが、まずは心ある人から

始め、少しずつ理解を広め優しい社会にすることだと思います。

 

 急がば廻れと言います。自分が変われば周りが変わります。自分が自分の人生の経営者と

なり「自分も大切に人も大切に」と自分とつながり周りとつながりましょう。そうすれば

良い距離感のつながりが広がり、豊かで暮らしやすい家庭・職場・社会になっていきます。


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://www.nagoyakalife.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/31

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとE-mailは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
HTML allowed: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

10 queries. 0.018 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress