カウンセラーのブログ

2007年12月22日(土曜日)

冬至と悩みとの関係

カテゴリー: - nagoyaka @ 23時50分15秒

-SIZE: 9pt; COLOR: black; LINE-HEIGHT: 165%; FONT-FAMILY: ‘MS Pゴシック’; mso-bidi-font-family: ‘MS Pゴシック’; mso-font-kerning: 0pt”>本日12月22日は冬至ですね。それで今日は冬至のお話をします。
沖縄では冬至のことをトゥンジーと言います。夏至はカーチーと言います。
本土でも沖縄でも、冬至はめでたい日とされますが、その意味をご存じでしょうか?
冬至は一年のうちで昼(明るい)が最も短く、夜(暗い闇)が最も長い日ですね。
夜とは苦しみを意味します。つまり苦しいのが一番長い日だということになります。
今日が最も長いのであれば明日からは短くなる。つまり“極まれば転ずる”のです。
だから今日で苦しみが最高で、明日からは明るいほうに転じる。おめでたいですね。
せっかくの冬至を迎えたのですから、苦悩は今日が最高で、明日からは明るさに
転じるようにしましょう。そのように意識すればそのようになりますよ。

ところで沖縄では、冬至にはトゥンジージューシーを食べるならわしがあります。
ジューシーとはおじやのことです。なぜトゥンジージューシーを食べるかというと、
本当は本格的な御馳走が良いのですが、昔はそれほど豊かではなく、又この時期は
正月もまじかで、そうたびたび御馳走を食べるわけにいかず、ジューシーでも大の
御馳走だったということになります。トゥンジージューシーを頂けることを感謝して
有り難くいただきましょう。
これは沖縄の大事な文化ですから、他の方々にも知らせて上げてくださいね。
自分の文化に誇りをもてることは、国際人として大切な感性の一つですよ。

 我が家では結婚以来38年間、妻がおいしいトゥンジージューシーを炊いてくれます。
家族全員(今では11人になっています)が揃ってトートーメーにお供えします。
それからウサンレー(おさがり)をいただきます。いただくときは、全員で次のように
唱えます。「宇宙自然の恵みとこれに関わった人々に感謝して、有り難く頂きます」と。
そして「みんなで揃っていただきます」と全員が声をそろえてから頂くことになります。
 最近では子供たちも全員が成人になっていますので、なかなか皆が揃うことはめったに
ありません。それでマチマチに食事をとることになります。そんなとき、どこにいても
それぞれが「みんなで揃っていただきます」と唱えます。「皆で揃って」と唱えることで
離れていても、家族全員とつながっているという感覚をもてるのです。ですから寂しいと
いうことはありません。これは我が家の宝として、長くつないでいこうと思います。
 
ついでに少し照れますが妻のことを話します。実は妻は料理がとても上手なんです。
そのことが嬉しくって、「君の手は温手(ぬくて)だ」と思って感謝します。すると妻がこう言います。
「私が料理が上手になったのはあなたのおかげですよ」と。えーどうしてと聞き返すと
「あなたがおいしいおいしいと言ってくれるので、私ももっとおいしいのを作ってみようと思ったの」
と言います。
ふーん・私が妻の料理の腕を上げていたのか!


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://www.nagoyakalife.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/8

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとE-mailは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
HTML allowed: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

10 queries. 0.013 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress